「ゼロワン日記。」は「ゆるここ」になりました。よろしくおねがいします!

【DIY】ラブリコと2×4材で、初心者でも簡単に本棚ができました!

こんにちは!習慣づけお絵描きブロガーのゆるここです。
ブログを見てくださり、ありがとうございます。
今日は、ほぼ初めてのDIYで本棚を作った話をご紹介します!
DIY完全初心者にも関わらず、女性一人で、しかもお店に行くこともなく、部屋のサイズに合わせた、自分の好きな大きさの本棚を、賃貸なのに壁や床に傷一つつけることなく、びっくりするぐらい簡単に作れてしまいました!

準備したもの

今回用意したものはコチラ。

準備したもの。ラブリコ・ツーバイフォー材・ワンバイエイト材

材料のラブリコや木材は、すべてネット通販で購入しました。
我が家は車もないですし、夫も現在長期出張でいません。
ホームセンターで軽トラ貸出や配達サービスがあるところもあると思いますが、車の運転も5年以上してないですし、なにより、何を購入していいか、カットもきちんとできる自信がありません。
そこで、すべてカットもしてもらえるネットのお店にお願いしました。
日曜日の夜注文して、金曜日には到着!(受け取れなかったので、再配達で土曜日の午前中に無事受け取れました)
玄関まで配達してもらえたので、重いものを運ばなくて済んで良かったです。
その分、運んでくれた佐川急便さんには感謝!

私が利用したネットショップではコチラから!
直線カットは無料サービス中です!(2018年11月12日時点)
オカモク楽天市場店

出来上がった本棚

まず、本棚を作る前、なにもない部屋の様子がコチラ。

本棚を作成する前の部屋の様子

何もありませんね(笑)
壁の左側の扉は、小さいですがクローゼットとして使っている収納です。
さらに、その左に部屋のドアがあるので、ドアを開けても当たらないサイズで作成しました。
そして、完成した本棚がコチラ!

ラブリコとツーバイフォー材とワンバイフォー材で作成した本棚

じゃーん!
どうでしょう!?
初心者が作ったにしては、いい感じにできたのではないかと自負しております(笑)
本を入れるとこうなります。

ラブリコとツーバイフォー、ワンバイエイト材で作った本棚

私の本はビジネス書が多いので、そのサイズを基本に25cm間隔、一番下の段だけ大きくても入るように40cm幅にしました。
まだまだ余裕がありますが、これ以上増える前に、本も適宜断捨離していかないといけないですね。

作成手順と大変だったこと

作業手順

STEP.1 棚板の位置決め

棚板をどの位置にするか、そして決めた場所に印をつけていきます。
私はボールペンで2×4材の端に印をつけていきました。

STEP.2 棚受を止めるための下穴の位置決め


今回使用したラブリコの棚受けは、2×4材に棚受けをネジで固定する必要があります。
ネジは下穴がないとはめられないため、下穴を開ける位置をボールペンで2×4材に印をつけました。

STEP.3 下穴あけ

ツイストドリルで、2×4材の印の位置にネジのための下穴あけ。
初めは緊張しましたが、やってみるとすぐに慣れました。

STEP.4 棚受けをネジで固定

ラブリコの棚受けをネジで固定。この時、棚受けの上下を間違えないように気をつけました。下穴が浅かった穴もありましたが、無事になんとか取り付けられました。

STEP.5 右の柱を立てる

本棚の右側の柱を垂直に立てます。ラブリコの上のアジャスター部分を、調整しながら回して固定しました。

STEP.6 棚板で調整しながら左の柱を立て、棚板も乗せる

左の柱は棚板の長さも考慮して位置を決めなければなりません。
間に棚板を置いて大体の位置を決めた後、下から棚板をはめながら左の柱の位置を微調整していきました。
以上で完成!バンザーイヾ(*´∀`*)ノ
ど素人ですが、この手順で無事に本棚を完成させることができました!

大変だったことその1:ネジ止め

初電動ドライバーで感覚がわからず、勢い良くネジが回って、棚受けが動いてしまったり。
また、下穴が浅くて、ネジが何度か止まってしまい、ネジ頭が潰れないかドキドキしたり。
気力が必要ではありましたが、大きな失敗はなく無事に終えることはできました。
猫が乗ったとき、カタカタ…と音がしたので、少し斜めなんだろうな…ってとこはありましたが(*ノω・*)テヘ
ネジ止めはもちろん、下穴をあけるのもなかなか大変でした。
電動ドライバーセットがなければ、無理だったと思うので、購入しておいてよかったです。
電動ドライバーセットって高そうだし、かさばりそうだし、重そうだし…と思っていましたが、
Amazonで2,780円で買えました!(2018年11月12日時点)

Amazonで2,780円で売っていたZENKE 電動ドライバーセット

iPhone8と並べて見れば、そんなに大きくないことがわかります。
この価格なら、DIYをやらない方でも、家にひとつあれば家具の組み立てや解体などに便利だと思うのでオススメです!

大変だったことその2:柱を垂直に立てること

技術もなければ道具もない。
それでもなるべく垂直に立てなければなりません。
さらに、床には幅木があるので壁にピッタリくっつけるわけにもいきません。
そんな技術も道具もないど素人には、ラブリコのアジャスターがあって本当に良かった!
ラブリコの上部はアジャスターになっているので、適当な位置で仮止めし、少しずつ位置を調整しながら固定することができます。
私の場合は、後ろと横の壁との距離をメジャーで測りながら、徐々に固定していきました。
垂直になったと思っても、横が良ければ後ろが合わず、後ろを合わせれば横がズレて…と、調整に結構時間がかかってしまいました(^_^;)
それでも、アジャスターがなければもっと大変だったと思うので、ラブリコにして本当に良かったです。
左の柱の場合は、仮止めをしたあと、棚板を乗せつつ、メジャーで距離を測りつつ、また棚板を乗せ…というように固定しました。
左の柱の方が立てるのが難しそうかと思っていましたが、棚板を乗せながらやると、意外なほど簡単にできてしまいました。

ラブリコの棚受けに乗せる部分(棚板側)

棚受けに乗せる部分もこのようになっているので、しっかりハマるので簡単でした!

DIYで本棚を作ったメリット

好きなサイズで作れる

DIYする一番のメリットはこれですよね!
上の飛び出ている部分があっても大丈夫ですし、扉に引っかからないサイズで、たっぷり本が収納できるサイズでつくることができました!
また、人によってもたくさん持っている本の形が違うと思いますが、自分がたくさん持っているビジネス書のサイズに合わせて作ることができて、スッキリ収納することができました♪

色を自分好みにできる

既成品では、サイズはもちろん、素材や色味の好みに合うものが見つかればいいですが、そうでない場合は探すのも大変です。
今回私は、木の素材感をそのまま使いたかったでの、無塗装のものを木材を使いました。
節は多少ありますが、それを含めて気に入っています。
私はやっていませんが、DIYなら自分好みの色に塗装することもできるのがいいですよね!
と言いつつ、私には塗装は大変だと思うので(道具を揃えることから、賃貸で汚さないようにすること、ペンキの保管など…)、塗装済みの木材を購入すると思いますが(笑)

引っ越しても再利用しやすい

今回ラブリコと木材で作った本棚ですが、もし引っ越しすることになっても、再利用できる可能性が高いです!
もちろん、部屋のサイズによってそのまま使うことは難しいと思いますが、サイズを調整することでそのまま使うことができます!
高さが長すぎれば柱を切ればいいですし、逆に短ければ、ラブリコのジョイントを使えば長くすることも可能です。
幅は長くはできませんが、短くするならコチラもノコギリで切ればいいだけ。
労力は必要ですが、サイズを調整できるところが嬉しいですよね♪
分解すれば動かすのもラクなので、引っ越しも既成品の本棚よりラクになることは確実です(´∀`*)ウフフ

処分しやすい

いつかは、この本棚が必要なくなる時も来ます。
その時、この本棚なら普通ごみで捨てられちゃうはずです!
既成品の本棚なら、解体するのも大変なので、お金を払って粗大ごみにしなければなりません。
もちろん、中古で売れる可能性もありますが、私が過去にリサイクルショップに買取をお願いしようとしたら、逆に処分費を取られました(T_T)
粗大ごみとして出すにしても、家から運び出すのも大変です。
ですが、この本棚なら、ノコギリで切ってしまえば、普通ごみとして出せちゃいます!
まあ、ノコギリで切るという労力はかかりますけどね(笑)

デメリット

説明書がない

デメリットとしては、既成品の本棚と違って説明書がなく、全て自分で考えなければならない点でしょうか。
ネットで探せば、色々と説明してくれるサイトなどはありますが、それを探すのすら一苦労です。
そして、失敗する可能性もあります。
以前の私なら、失敗が怖くて挑戦などできなかったかもしれませんが、やってみたら意外となんとかなりました!

最後に

今どき、安い本棚もたくさん売っているなか、なぜ私がわざわざDIYでやったのか…
それはやってみたかったから!
ただこれだけです(笑)
別件で色々探していたときに、初めてディアウォールや2×4材のことを知りました。
そして本棚が欲しい…と思った時に、ふと、作ってみたい!と思ったのです。
最近はやりたいことがわからない…と思っていたので、自分の心に素直に従ってみることにしました。
実際にやってみて、大変だと感じる作業もありましたが、出来上がった達成感も半端なかった上、見た目も気に入った状態で出来上がり、本棚も収納としてバッチリだし、木の香は気持ちいいし、作って良かったと感じることばかりでした。
DIYの世界は奥深そうですが、入り口だけでも十分楽しめました!
ド素人でも簡単に本棚が作れちゃうラブリコ、本当にオススメです!