猫ブログ毎日更新中!

ゲームが好きだと気づいた話

夜更ししたり課金しまくったりして、ゲームは楽しいと同時に、自分をダメにするものだと思っていました。

「もう一生ゲームしない」「もうゲームはなくても大丈夫」

人生で3回、ゲームとは決別しようと決意しました。

最後に決意したのは、半年前の8月末。
ハマりまくったソシャゲがサービス終了した時、ゲームを全くやる気にならず、もうなくても大丈夫だと思えたのです。

しかし結局、1月半ばにまたゲームを始めてしまいました。

ゲームを再開

ゲームを再開したら、夜更しが増えてしまいました。

毎日ではないけど、やめられない時はやめられず、夜更しして寝坊して…
生活を建て直さなきゃ…とあまりゲームをしない期間が数日、そしてまたゲーム三昧で夜更し。

そんな生活を繰り返す日々。

「きちんと生活するためには、やっぱりゲームをやめるしかない。今日で終わりにしよう」

こう決意した1月末。

しかし、やめられませんでした。

「このゲームおもしろい。まだやりたい。もっとやりたい。」

そう思ってしまいました。

でも夜更しはなんとかしたかったので、夜更ししないように自分ルールを決めて、ゲームを続けることにしました。

ゲームをやめられなかったことを夫に話した

夫に「今日でゲームやめる!」と宣言していたのもあり、正直にゲームをやめられなかったことを話しました。

すると、夫から予想外の言葉が。

「レイはゲーム好きだもんね。」

え?私ってゲーム好きだったの?

夫の言葉にビックリしました。

自分でも不思議なんですが、これだけゲームをやっているのに、自分がゲーム好きとは思ってなかったんです。

他人と自分を比較していた

私にとって「ゲーム好きな人」は、ゲームに興味があって、たくさんのゲームをやったり、ゲーム用のハードを持っていたりする人だと思っていました。

私自身は、たまーにRPGをやりこんだり、特定のゲームをやり込む程度。友達のゲームトークについていけないことも多々あり、自分はゲーム好きというほどではないと思っていたんです。

ゲームをたくさん楽しんでいる人と比べたら、私はそこまでゲーム好きではないかもしれません。ですが、全くゲームをやらない人と比べたら、ゲーム好きだと気づきました。

実際に、夫と比べたら私は確実に「ゲーム好き」です。

このことから、私は「自分と他人を比較して考えるクセ」があることに気づきました。

「すごい人」と比較して「自分は大したことない」と考えていたのです。

自分がどう感じるかを大切にする

私は長年「他人にどう思われるか」ということを気にして生きてきました。

その生き方は辛く苦しいものでした。

今は考え方を見直し、自分がどうしたいかを優先するようになり、生きるのが楽になったと感じています。

ですがまだまだ、過去の残りで「他人と比較して自分がどうか」と考えていたかということに、今回気づくことができました。

あまりたくさんゲームはしないけれど、ゲームをやりたいし、ゲームは楽しい。

つまりそれは、私自身ゲームが好きということだったんです。

他人と比較しなくていい。自分の中で「好き」なら「好き」でいいんだと気づきました。

とはいえ生活はなんとかしたい

考え方のクセに気づけたのは良かったと思っています。

ですが、ゲームで夜更し問題は全く解決していません(ノ∀`)タハー

自分ルールをアレコレ作るのですが、つい「今日はいいや…」とルールを破ってしまい、そこからズルズルと夜更し生活…

後悔と決意を繰り返す生活は卒業したいので、ゲームを楽しみつつ、生活もちゃんとできるように、これからも取り組んでいきたいと思います!

▼過去のゲーム再開した時のマンガはこちら▼

ゲーム始めちゃいました!ゲーム始めちゃいました2-程々にやるために、決めた時間を守る-ゲーム始めちゃいました3-生活が乱れないように、やる事をやってから-ゲーム始めちゃいました4-欲求に従うより、やる事やった方が満足できる-ゲーム始めちゃいました<完結編>-雨降って、地固まる-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)