「ゼロワン日記。」は「ゆるここ」になりました。よろしくおねがいします!

ひとりランチが最高に良い!

ひとりでランチ

派遣社員として働いて、11ヶ月経ちました。
(現在は契約社員になっています)
約1ヶ月半前から、ランチを一人で食べるようになりましたが…
ひとりランチが最高に良いですヽ(=´▽`=)ノ
今回は、ひとりランチのメリットをご紹介します!

ひとりランチの前は同僚とランチしていました

派遣社員として働き始めた時は、同じ仕事をしている派遣社員の人と一緒にお昼を食べていました。
買ったご飯を持って行き、室内で。
最初は4人で食べていましたが、1人やめ、もう1人やめ、それから外ランチになり、そして3月末で、2人でランチしていた相手がやめました。
人の補充はあったのですが、お弁当派だったのでランチは一緒に食べることなく、4月からそのままひとりで外ランチを続けています。
この1ヶ月半、ひとりでランチを続けてきましたが、私にはひとりランチの方が合っていると、実感しています(´∀`*)ウフフ

ひとりランチのメリット

私がひとりでランチを食べるメリットは以下のとおり。

ひとりランチのメリット

  • 気を使って会話をしなくていい
  • 話題についていけないのを気にしなくていい
  • 食べるものを自由に選べる
  • 読書など、時間を有効に使える
  • 仲がぎくしゃくした時のモヤモヤがない

メリット1.気を使って会話をしなくていい

これは、私の性格の問題なのですが、どうしても人と会話している時、必要以上に気を使って会話してしまうことがあります。
友達だったらそこまで気を使うことはないのですが、職場の同僚のような相手だと、必要以上にサービスをして、大げさに反応してしまったり。
この性格は、少しずつ変えていこうとは思っているのですが、それでも、つい反応してしまったということも。
せっかくのお昼休みまで気を使って過ごし、気疲れしてしまっていたことに、最近やっと気づけました。
気を使わなくて済むことで、午後の仕事、さらには帰宅後もテキパキ動けるようになってきたと思います。

メリット2.話題についていけないのを気にしなくていい

私は基本的に、テレビを見ません。
たまに夫が見ているのを一緒に見ることはありますが、ドラマやお笑いなど全く見ないので、ドラマのネタやお笑いのネタについていけません。
また、食に興味もないので「どこどこの〇〇知ってる?」みたいな会話にもついていけません。
もちろん、話していて楽しかったこともありますが、どうしても職場の同僚というつながりだと、テレビなどの一般的な話題や、職場の愚痴などになってしまいます。
ついていけない話題も多いし、職場の愚痴も好きではない。
それなら、一人でランチをするほうが、全く気にしなくていいので楽だと感じました(´∀`*)ウフフ

メリット3.食べるものを自由に選べる

私は、糖質制限+高タンパク+メガビタミンという食生活をしています。
MEC食開始から4年。大きく改善した現在の生活と身体の状況について お菓子や少しお米を食べることもありますが、基本的には糖質は控えています。
となると、パスタとかラーメンとかそばとか、麺類はNG。
一緒に外に食べに行っていた同僚には、たくさん気を遣わせてしまいました(-_-;)
私はお肉をいっぱい食べたいのですが、相手はお肉は良くないという考えだったので、頻繁にお肉を食べることもできない。
私が糖質を控えていることを理解してくれたことはありがたかったですが、やはり、お互いに気を使いながらお店を選ぶというのは、少しストレスでもありました。
今は、ひとりで思う存分お肉を食べています!
やはり、気を遣わず、食べたいものを食べられる幸せというのは、ありがたいことだと感じました!

メリット4.読書など、時間を有効に使える

ひとりランチを始めた当初は、時間の使い方に少し悩みましたが、
現在は、Kindle PaperWhiteを持って行き、読書しながらランチをしています。
以前は、会話して、会話が尽きたら、スマホをなんとなくダラダラ見て…という過ごし方でした。
今は、家で読書する時間がとれないですが、お昼に読書することで、読みたい本を少しずつ読み進められています(´∀`*)ウフフ

メリット5.仲がぎくしゃくした時のモヤモヤがない

仕事をしていると、相手とギクシャクしてしまうこともあります。
今は、なるべくイライラしたりしないように心掛けていますが、当時はまだそこまで思えずヽ(`Д´#)ノ ムキー!!と感じてしまうこともありました。
表面的には、普通に接していたので、ランチを一緒に行かなくなるというほどではなかったのですが、お互いにモヤモヤを感じていたと思います。
そんな時、相手がササッと食べて、「ちょっと用事があるので外に行ってきます」と、そそくさといなくなってしまう。
ただでさえ相手にモヤモヤをしているのに、こんな対応でさらにモヤモヤ。
ということがあったので、毎日同じ相手と食べていると、仲がギクシャクしてしまった時にめんどくさいと気づきました。
もちろん、仲がギクシャクしてしまわないようにするのが一番ですが、仕事も一緒、お昼も一緒だと、お互いに逃げ場がなくて苦しくなってしまいます。
このことから、同じ仕事をしている相手とは、ランチを行かないほうがいいと感じました。

最後に

ひとりランチを推奨しているわけではありません。
ですが、「ランチはひとりで行く」と決めたことで、私はとても楽になりました。
もし、流れで一緒にランチしているけど、なんとなく疲れると感じたりすることがあれば、「ひとりでランチする」としてみるのも良いかもしれません。
私にはひとりランチが向いているようなので、これからも、ランチは自分の好きに、のんびり過ごそうと思います(´∀`*)ウフフ