「ゼロワン日記。」は「ゆるここ」になりました。よろしくおねがいします!

時間を区切ることの大切さ

ゆるここ

こんにちは!習慣づけお絵描きブロガーのゆるここ(@rei_katze)です!
このブログをどうしたら更新できるか?と考え、先週から、猫ブログの記事を土日に用意したり、感じたことを気軽に書くと決めました。
どうしたらできるか?と考えてみる 実践してみたところ、なかなか筆が進まなかったのが不思議なくらい、先週は記事を3つアップし、1つの記事に追記して更新することができました!
そしてさらに、時間を区切ることの大切さに気づくことができました!

まずは、「やる」と決める

私は朝、ブログを書いています。
5時に起きて(起きられない日もありますが)、トイレ掃除をして、バターコーヒーを淹れ、イラストの勉強をして、それからこのブログを書いています。
時間にすると、30〜40分ほどです。
以前は、「30〜40分で1記事書くなんて絶対ムリ!」と思い、数日かけてブログを更新していました。
しかし、「30〜40分で1記事を書いて更新する!」と決めてやってみたら、あっさりできてしまいました!
ムリと思っていたら絶対できませんが、「やる!」と決めてしまえばできるようになる。
不思議ですが、本当に面白いです。
脳は、「できない」と思えば「できない理由」を探しますが、「できる」「どうやったらできるか?」と考えれば、「できるようになる理由」を探してくれます。
一番大切なのは、「できる」と思うこと。
時間を区切ることは大切ですが、「ムリだ」と思いながら時間を区切ってもムリなので、前提として「区切った時間でもできると思う」ということ一番大切です。

時間を区切ることの効果

時間を区切ることの効果はこの2つ。

  • 集中できる
  • 満点じゃなくても、完成させることができる

時間を区切ることで、集中できる

これまでは時間を区切っていなかったので、集中できない時は「筆が進まない…」と全く集中できませんでした。
時間のある土日に書こう!と、いざ土日にパソコンを開いても、パソコンの前で筆が進まずにただただ時間が過ぎるだけ。
結局、ブログを書けずに時間だけが過ぎていきました。
しかし、朝の準備の時間までにブログを1記事書く!と決めて取り組むと、ビックリするぐらい集中して書くことができました!
もちろん、「役立つこと」ではなく「書きたいことを気軽に書く!」としたことで、書くハードルが下がったのもありますが、時間が30〜40分と思うだけで、ものすごい勢いで筆が進みます。
まさに、試験直前だけめっちゃ勉強頑張れる、みたいな(笑)
今回時間を区切ったことで、集中することの効果を実感しました!

満点じゃなくても、完成させることができる

時間を区切ることのもう一つの効果は、
満点じゃなくても、完成させることができる
ということです。
私はブログを書く時、なるべく満点に近い記事を書こうと努力していました(誤字はたまにありますが…(^_^;))。
そのため、何時間もかけて完成させていたのです。
しかし、時間をかけた分、良い記事ができあがるとは限りません。
もちろん、超大作を書くことはできることもありますが、それが必ず読まれるとは限らないのです。
時間をかけて満点の記事を少しアップするよりも、80点でもとにかく記事を書いていこうと今は思いました。
平日の朝は、記事を見直せていなくても、えいや!と公開ボタンを押してしまうようにしています。
見直す時間も作れるようにしたいですが、後から、お昼休みや帰って来てから見直すこともできます。
ブログに限らず、仕事でも、時間をかけようと思えば、たくさんの時間を費やすことができます。
しかし、時間は有限です。
やれる量を増やすためには、80点でもいいからどんどん完成させることが大切です。
そして完成させるためには、時間を区切ることがとても効果が大きいと感じています。

最後に

時間を区切ることで、集中すること、完成させることができ、このブログも少しずつ更新頻度を増やすことができるようになってきました。
改めて思うのは、時間の使い方がとても大切だということです。
今まで特に時間を意識せずに過ごした結果、夜更かしして、ダラダラした生活でした。
しかし、早寝早起きを始めてから、テキパキと動けるようになり、22時まで◯時間と唱えることで、早寝が少しずつ身につき、そして今、時間を区切ることでブログの更新頻度も増やすことができています。
これからも時間を意識して、時間を区切って、やりたいことをどんどんやっていきたいです!

集中

集中

Daisuke Toda無料posted withアプリーチ

早寝の習慣づけ「22時まであと◯時間。寝るの楽しみ!」と言う