猫マンガブログを更新再開しました!

書かないと書けなくなる〜毎日コツコツ続ける理由〜

ゆるここ
ゆるここ

こんにちは。ゆるここです。
私が毎日コツコツ続ける理由。
書かないと、書けなくなってしまうからです。

毎日コツコツ続けたい

私は、毎日コツコツ続けたいと思っています。

このブログも、再開した猫ブログも、毎日更新が目標です。

とはいえ、無理をしないように気をつけています。

それは、心にも恒常性があり、頑張りすぎると、やる気がなくなってしまうからです。

心の恒常性を意識して、がんばり過ぎない

一気にやりたいだけやって、休む。

そんなやり方でもいいのでは?と思うかもしれません。

しかし、書かないと、書けなくなってしまうんです!

書かないと、書けなくなってしまう

私は20年近く、ホームページやブログで発信し続けています。

とはいえ、その間の大半が「放置」という状態でした…。

調子良く続いていても、ある時プツっと途切れると、そのまま放置…。
自分でも、何度やったか、どれだけ放置したかわからないぐらいです。

なぜ放置してしまうのか。

心の恒常性があれば、やる気がなくなっても、また上がって来るのでは?と思うかもしれません。

確かに、気分は上がってきます。

しかし、一度やめてしまうと、書けなくなってしまうんです。

それを的確に表現した言葉が、習慣の本に書かれていました。

書かないことはあまりに楽なので、それに慣れてしまうと二度と書けなくなる

作家のジョン・アップダイクもインスピレーションを待つのではなく、毎日書くことを日課にしていた。
その理由は「書かないことはあまりに楽なので、それに慣れてしまうと二度と書けなくなる」ため。

—『ぼくたちは習慣で、できている。』佐々木 典士著

そう、書かないことって、楽なんですよ!

ブログもマンガも、書くためには内容をまとめ、作業をし、上手く書けなくて悩んだりします。

一方、書かないでいる時は、テレビを見たり、マンガを読んだり、ゲームをしたりして、とっても楽です。

また書き始めようとすると、それらをやめたり、書くために考えたり、パワーが必要になるので大変です。

だからこそ、毎日描き続けたい。

そのために、頑張り過ぎず、毎日コツコツ続けたいと思っています。

楽を選ぶことは悪いことではない

私は、自分でもなぜかわからないけど、昔から書きたいと思って書いています。
だから、何度も放置したけど、何度もまた書き始めています。

ただ、一つしっかり言っておきたいことは
「楽を選ぶことは、悪いことではない」
ということ。

何をするかは、人それぞれ、自由です。

楽をして楽しむのもよし、また気合いを入れて始めるのもよし。

人生は、経験の積み重ねです。

私は、何度も楽をしてきたけど、やっぱり書きたい(描きたい)、もっと書きたいと思うから、書き続ける方法を模索しています。

そこでたどり着いたのが、頑張り過ぎず、毎日コツコツ書き続けること。

これからも、毎日ブログと猫ブログを更新し続けられるように、コツコツ進んでいきたいです。

▼毎日続けるためには心の恒常性を意識することが大切です。
こちらの記事もぜひ読んでください!

心の恒常性を意識して、がんばり過ぎない

▼習慣を身につけるのにとても効果がある本です。
こちらもおすすめです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)