「ゼロワン日記。」は「ゆるここ」になりました。よろしくおねがいします!

こんまり流片づけ祭りを実践!洋服が3分の1減りました

クローゼットが大きくてオシャレを楽しめる部屋に引っ越す!と決めた2019年。
ですが、ふと気づきました。
あれ?着てない洋服結構多くない?
ということで、久しぶりのこんまり流片づけ祭り<洋服編>実践しましたヽ(=´▽`=)ノ

こんまり流片づけ祭りって?

ご存知の方も多いと思いますが、「こんまり流片づけ祭り」とは、片づけコンサルタントの近藤麻理恵さんが考案された、片づけの方法です。
2010年12月に発売された『人生がときめく片づけの魔法』が世界中で大ヒットし、アメリカTIME誌の2015年の「世界で最も影響力のある100人」に選ばれるほど!
これまでの片づけ法とは違い、モノひとつひとつと向き合い「ときめくかどうか」で判断し、手放すモノは「ありがとう」と言って手放す。
この方法で片付けられるだけでなく、人生もときめくようになってくるという、ものすごくときめく片づけです。

こんまり流片づけ祭りの特徴

  • 理想の暮らしを考える
  • モノをカテゴリ別に全部出して、ひとつひとつときめきチェックする
  • 手放すモノは、お役目を全うしてくれたと感謝し「ありがとう」と手放す
  • 片づけの順番は、「洋服」「本」「書類」「小物類」「思い出の品」
  • 立てる収納。洋服もきちんと畳めば立つ!
  • 「いつか」は絶対来ない
こんまりさんの片づけに出会うまでは、私にとっての片づけは「うまいこと収納する」という状態でした。
それでは、いつまで経っても片づかないどころか、モノに溢れた汚い部屋になっていく一方でした。
2012年の1月に片づけ祭りを実践し、超汚部屋が(当時の私にとっては)スッキリと綺麗な部屋になったのです!

2012年に実践した、こんまり流片づけ祭りのビフォーアフター(一部)

左が汚部屋のビフォー。右が片づけ祭り直後のアフター。
今の私からするとまだまだモノが多いですが、それでも、劇的にモノが少なくなり、スッキリと収納することができるようになりました。

2012年の片づけ祭りビフォーアフターダイニング

2012年の片づけ祭りビフォーアフターリビング

2012年の片づけ祭りビフォーアフター夫の書斎

2012年の私の片づけ祭りをもっと見たい方は、ブログ「ゼロワン日記。」へどうぞ。
[まとめ] こんまりさんの片付け法実践してみた

現在のリビング・ダイニング

ちなみに、現在のリビング・ダイニングはこんな感じです。
片づけ祭りから7年、引っ越しも2回して、かなりスッキリした部屋になってきたと思います♪

現在のリビング・ダイニング

あまり広くない部屋なので、ダイニングテーブルは2人掛けのものにしています。
ソファは悩みに悩んだ末、無印良品ではなくアクタスで購入したお気に入りのソファです♪

洋服の片づけ祭りを実践

洋服の片づけ祭りをするために、まずは衣類を全て出しました。

片づけ祭りを実践するために全部出した衣類の山

狭いクローゼットに入れていた洋服と、寝室の収納に入れていた夏物。
クローゼットが狭くて全然入れられないと思っていましたが、こうして見ると、意外とたくさんの衣類がありました。
ひとつひとつ手にとって仕分けしていきます。
手放すモノは、「ありがとう」と言って、手放す山へ。
悩むものは、鏡の前で当ててみたり、実際に着てみたりしました。
そして全ての衣類をときめきチェックした結果、こうなりました!

ときめきチェック後の洋服(左:手放す 右:ときめく)の山

約3分の1もの衣類が「手放す」になり、自分でもビックリ!
他の洋服に毛がついてしまう服、色がどうしてもしっくりこない服、形がどうしてもしっくりこない服、ヨレヨレした服、シミがついている服。
カラー診断を受ける前に買った服は、何を着たらいいかわからなくて「とりあえず」で買ってしまった結果、どうしてもしっくりこない服が多くありました。
残すと決めた洋服だけをクローゼットに入れてみると、全てがちょうどよく収納できました!
やはり、きちんと見直すことって大事ですね♪
片づけ祭り、オススメです!

手放す洋服ってどうしたらいいの?

片づけ祭りのあと、残った衣類を収納してスッキリ!ですが、手放すと決めた衣類の処分もしなくてはなりません。
処分の方法はいろいろありますが、なるべく手間なく処分する方法がオススメです!

処分方法1.捨てる

最も簡単な方法ですが、「もったいない」と罪悪感を感じてしまう場合があります。
それでも、今後買い物をする時に無駄に買わないように気をつけるため、敢えて捨てて罪悪感を感じるという手もあります。
初めて片づけ祭りをした時も大量に捨てましたし、今回も、シミがついている洋服などは捨てました。

処分方法2.売る

片づけ祭りで大活躍したのが「売る」という方法。
罪悪感も少ないですし、お金が入ってきたらそれも嬉しいですよね♪
以前よく利用していた宅配買取➜ブランディア宅配買取

久しぶりにサイトを見てみたところ、現在はトップスやボトムスなどの売れるブランドは少ないようです。ブランド物がたくさんある方にはオススメです。

気になる宅配買取①➜フクウロの宅配買取サービス

利用したことがないのでわかりませんが、サイトを確認したところ、ブランディアよりは多くの衣類を扱ってくれそうです。

気になる宅配買取②➜トレファクスタイル宅配買取

こちらも利用したことがないのでわかりませんが、対象ブランドのの確認・記載が不要と書かれているので、一括でまとめて売るには良さそうだと感じました!

近くにリサイクルショップがあれば直接持って行っても良いと思います。
ただ、買取を依頼する時は、値段の期待をしないこと!!!
高く買ったから…と思っていても、実際に売れるかどうかで判断されるので、値段がつかないことすらあり得ます。
ついたとしても、二束三文なんてことも。
それでも、まとめて引き取ってもらえるだけありがたい!という気持ちで手放すのがオススメです♪
出品するのが好きな方なら➜メルカリ

今は、個人でフリマアプリやオークション等で売るのも簡単になりましたよね。
私は手間なのでやりませんが、そういった方がモチベーションが上がるという方は、やってみるのもいいかもしれません。
ただ、売れなくていつまでも手元に残ってしまって捨てられない、結局面倒で出品しなかった、なんてことにならないよう注意が必要です。

処分方法3.寄付・リサイクルする

寄付やリサイクルという方法もあります。
リサイクル➜ユニクロのリサイクル
今回手放す服のうち、ユニクロの衣類は全てユニクロのリサイクルボックスへ出してきました。
買い物ついでに持って行くだけなので簡単ですし、まだまだ着れる衣類が誰かの約に立ったら嬉しいですよね。
気になる寄付➜セカンドライフ

寄付したことがないので実際はわかりませんが、「衣類 寄付」で検索して出てきたサイトです。寄付しつつ募金もできるので、利用してみたいと感じました。

最後に

本当に必要でときめくモノだけで生活していくには、どうしても、不要なモノが出てきてしまいます。
買う時に気をつけるのも大事ですが、時と共に、自分の好みや生活が変わって、必要なモノもときめくモノも変わってきてしまうので、手放すことは仕方がありません。
だからこそ、日々モノを大切にしつつ、不要になった時には気持ち良く「ありがとう」と手放していけるようこれからも意識して、そして時々こんまり流片づけ祭りを実践し、スッキリとした暮らしを続けていきたいと思います!

こんまり流片づけ祭りで本が半分!すぐに宅配買取で手放しました! こんまり流片づけ祭り実践!書類も3分の1減りました! こんまりさんの片づけに出会って7年半。やりたいことが見つかりました!