習慣付けは複数同時の方が身につく。アプリ「Way of life」がおすすめ

習慣を身につけるためにたくさん本を読み、その方法をこれまで実践してきました。

その方法として「習慣を身につける時は1つだけ」というのを信じて実践してきたのですが、残念ながら、それは正しい方法ではなかったと気づきました。

習慣は、複数同時の方が身につきやすいんです!

なぜ、複数同時の方が習慣が身につくのか?

習慣が身につくまでの時間は決まっていない

これまで習慣の身につけ方として、「21日で身につく」「習慣づけは1度にひとつだけ」というやり方を実践してきました。

しかし、残念ながら、これらを実践していても習慣にはなりませんでした。

先日読んだ『ぼくたちは習慣で、できている。』には21日という期間の根拠についてはこう書かれていました。

どのくらい続ければ習慣になるのか ?という問題は誰でも頭をよぎる問題ではないだろうか ?有名な答えとして 「 2 1日で習慣になる 」というものがある 。しかしこれは 、手足を切断された患者がその状態に慣れるまで 2 1日かかったというエピソ ードから生まれた神話のようだ 。

あることが習慣になるのは 、何を報酬と感じるのかという脳の神経回路が実際に変化するということである 。そんな複雑なものが決まりきった日数で割り切れるという発想がそもそもおかしい

『ぼくたちは習慣で、できている。』佐々木 典士著

本によっては行動週間は30日と書かれていたのもあり、ずっとそれを信じて続けていましたが、残念ながら、習慣になるのに決まった日数というのはなかったのです。

習慣が身につく日数は人それぞれ

今なら、習慣になる日数が人それぞれというのは、とても納得できます。

以前は30日以上続けても、結局習慣を身につけられなかった私でしたが、今は、スパッとゲームをやめられて、お菓子を買うのをやめられて、毎日同じ時間に寝起きするというのが身についています。

他にも細々としたことですが、お風呂の最後に排水溝の髪の毛を捨てるなど、やろうと思ったその日から毎日できるようになりました。

たぶん、以前の私だったら、習慣にはならなかったでしょう。

今の私は、習慣について理解し、失敗する要因のゲームやお菓子をやめているからこそ、すぐに習慣にできたのだと思います。

習慣が身につく日数は、人によっても、内容によっても、人それぞれとしか言えません。

そのため、1つの習慣だけに取り組んでいると、その習慣が身につくのに1年掛かってしまったら、1年で一つしか習慣を身につけることができなくなってしまいます。

それよりも、取り入れたい習慣をどんどん実践し、実践できたかどうかを記録していく方が、遥かに習慣にできます。

そう、習慣は複数を同時に身につけようとした方がいいのです!

身につけたい習慣と同時に失敗の要因となる習慣をやめるように習慣づける

習慣を身につけようとする時、何度も失敗してしまうようであれば、その要因を取り除かなければ、習慣として身につけるのは難しいです。

私にとっては「早寝早起き(毎日同じ時間に寝起きすること)」がそれにあたります。

元々、同じ時間に寝起きできた試しがありませんでした。

早寝しようとしても、つい、Twitterや漫画・ゲームをしていると、あっという間に時間が経ってしまいます。

それ以外にも、ブログを書くのに乗ってくると、もっともっとと書いてしまって時間が経ってしまうこともありました。

調子よく早寝していても、ある日突然気持ちが落ち込み、全てがどうでもよくなって、掃除の習慣から早寝の習慣まで、全て投げ出してしまうことも。

これまで、ひとつだけ習慣づけようとして、ある時は「22時にお風呂に入る」とか、別の時は「23時に布団に入る」とか、「21時半になったら立って動く」という目標を立ててきましたが、全く身につきませんでした。

これらが身につかなかったのは、失敗の要因がそのままだったからです。

私の失敗のキッカケはこの3つ。

  1. いつもの習慣を投げ出して
  2. お菓子を食べて
  3. ゲームをやってしまうこと

早寝早起きの習慣を身につけるには、これら全てを同時に身につけないといけなかったのです。

つまり、一つずつ習慣にするより、複数同時に習慣として身につける方が、身につきやすかったのです!

習慣を身につける時は記録が大切

複数の習慣を身につけるために大切なのは、きちんと記録することです。

記録することには、以下の効果があります。

  1. 失敗した時の要因を取り除くことができる
  2. 連続記録をモチベーションに変換する
  3. サボってそのままなかったことになるのを防ぐ

失敗の要因を取り除けば、習慣がより身につきやすくなります。

習慣の連続記録が続けば、習慣を続けるモチベーションとなり、習慣をより強固に続けることができます。

また、記録をつけていないと、サボってしまった習慣はうやむやになってしまいがちですが、記録をしていると、うやむやにならずに済みます。

複数の習慣を記録するアプリ「Way of Life」がオススメ

今、私は「Way of Life」というアプリを使っています。これは『ぼくたちは習慣で、できている。』で紹介されていたもので、使いやすく、記録も簡単なのでとてもオススメです。

Way of Life - Habit Tracker

Way of Life – Habit Tracker

Way of Life ApS無料posted withアプリーチ

使い方は簡単。習慣化したい項目に対して、それぞれをタップして記録するだけ。

できた日→緑
できなかった日→赤
スキップ→グレー

と記録できるので、どの程度できたかどうかが一目瞭然です。

私の12月の記録はこちら。

アプリ「Way of Life」で記録した12月の習慣の記録
アプリ「Way of Life」で記録した12月の習慣の記録

習慣化を始めて1週目は調子が良かったものの、2週目は上手くいかない日が多かったこと、3週目はかなりいい感じに習慣が身についたことが、パッと見てわかるようになっています。

また、「ノート」というメモ機能がついているので、できなかった日の理由を書くことで、後から失敗の要因として特定しやすくなります。

各項目の右側にある数字が連続記録のカウントになっており、この記録をストップさせないようにがんばろう!という気持ちにもさせてくれるのもありがたいところ。

使い始めて1ヶ月弱ですが、毎日楽しく記録できています。

MEMO
このアプリは、3項目までは無料で使えますが、それ以上項目を増やそうとすると860円(2019年12月時点)が必要となります。

記録する時は「事実のみ」を記録する

習慣の記録をする時に大切なことがあります。それは

事実のみを記録すること

これは本当に大切なので、とても意識していただきたいことです。

なぜ、事実のみを記録することが大切かと言うと、自分で記録をすると、つい、甘くなってしまったり、例外を作ってしまったりするのです。

1度甘くなったり、例外を作ってしまうと、その後もどんどん甘くなってしまう一方なのです。

例えば、「毎日6時半に起きる」という目標を立てた時に、起きたのが6時31分だったとします。1分ぐらいなら…そう思って「できた」と記録してしまうと、2分、3分、5分、10分、起きなかったけど目は覚めたから…という風に、どんどん甘くなり、6時半に起きるという習慣自体が、そのうちどうでも良くなってしまうのです。

そう、まさに過去の私がやらかしたことです( ̄▽ ̄;)

それを踏まえて、今は、事実のみを記録しています。

例えば「6時35分に起床する」という習慣ですが、6時35分までに身体を起こしたらOKとしています。

先日、6時半にすぐ目が覚め、そのままYahooニュースで気になる記事を見ていたら、気づいたら6時38分…!

すでに目が覚めていたし、3分ぐらい…と思って◯を付けたくなりましたが、そこはしっかり「事実のみ、例外を作らない」を思い出して×をつけました。

そのおかげで、その日以降は35分までに身体を起こすことを意識することができ、毎日きっちり時間を守って起きられるようになりました。

習慣を身につけるのに大切なのは、失敗した原因を減らしていくこと

複数の習慣を同時に身につけていると、調子がいい時は無理なく続きます。

しかし、ある日突然、全然できない日がやってきます。

大切なのは、ここで諦めないこと。
そして、失敗の原因やキッカケを減らし、また同じような状況の時に対処できるようにしたり、そもそもそういう状況にならないようにする。

そうすれば、必ずいつか、習慣として身につけることができます。

私は、心がモヤモヤしている時は、すぐに習慣が崩れてしまいました。

そういった心のモヤモヤを、口ぐせや思考を変えたりして少しずつ減らし、最終的には、直接的なキッカケになっていたお菓子を買うこととゲームを辞めたことで、今の習慣を身につけることができました。

一度崩れても諦めず、時には習慣自体を改善したりし続ければ、いつか必ず習慣は身につきます。

習慣は、失敗しても諦めず、何度も何度も立て直し続けるものです。
そして、身につけた習慣は、必ず人生を快適にしてくれるのです!

理想の生活習慣があるならば、ぜひ「Way of Life」と共に、記録して習慣にしてみてください♪

Way of Life - Habit Tracker

Way of Life – Habit Tracker

Way of Life ApS無料posted withアプリーチ

私にとって最後の習慣を学ぶ本「ぼくたちは習慣で、できている。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)