「ゼロワン日記。」は「ゆるここ」になりました。よろしくおねがいします!

床掃除の習慣づけに成功して2ヶ月。習慣化成功のコツは朝イチ!

ゆるここ

こんにちは!習慣づけお絵描きブロガーのゆるここ(@rei_katze)です!
床掃除の習慣、無事に習慣化することができましたヽ(=´▽`=)ノ
床掃除は以前から何度も、習慣化にトライしては、しばらくしたらやらなくなるのを繰り返していました(-_-;)
クイックルワイパー、掃除機、ルンバ。
ルンバですら、毎日やれず、自分には床掃除は無理なんじゃ、と思いたくなるほど…。
しかし、2月下旬、トイレ掃除の習慣化のように、朝なら床掃除の習慣が身につきそうな気がする!とトライして早2ヶ月。
無事に床掃除の習慣化、成功ですヽ(=´▽`=)ノ

床掃除の習慣化としてやったこと

床掃除の習慣づけは、2月23日から行いました。
習慣づけとして決めたことは、朝、クイックルワイパーを持つです。
クイックルワイパーを持つだけなら…と手に持って、そのまま掃除を始めてしまうパターンです。
実際には、朝起きてすぐのトイレ掃除を終えたあと、そのままクイックルワイパーを持つようにしました。
トイレ掃除が習慣になっていたので、流れで床掃除をするのが苦ではなく、スムーズに習慣化することができました。

習慣づけは朝イチが身につきやすい

実は、朝の床掃除の習慣づけを始める前、夜に床掃除の習慣をつけようと、習慣づけを始めていました。
しかし、夜の習慣づけでできたのは、たったの1日…!(;´∀`)
そう、初日はできたものの、次の日以降は全く動けず、4日目に、やはり夜は無理だ!となって諦めました。
トイレ掃除の習慣づけがスムーズにできたことを思い、床掃除も朝の習慣に組み込んでみると、夜に動けなかったのが嘘のように、「いやだ」とか「やりたくない」とか「動きたくない」と思うことは全くなく、すんなりと習慣化に成功しました。
なぜ朝は成功して、夜はできなかったのか。
それは、朝は睡眠で意志力が回復していますが、夜は、昼間に意志力を使ってしまい、残っているのはわずか、もしくは残っていないからだと思います。
習慣にしたいけど、なかなか取り組めないことがあるなら、「朝イチ」がおすすめです!

床掃除を夜にシフト

習慣化するのは朝イチが適しているとなると、朝ばかり忙しくなってしまいます。
私も、最初は夜に床掃除の習慣づけを始めたのは、朝にイラストの勉強や、ブログを書く時間を少しでも取りたかったからです。
実際、床掃除の習慣化に成功はしましたが、なかなかブログの記事を書く時間も取れなくなっていました。
しかし、習慣化したことなら、夜にシフトすることができます!
現在、なるべく夜に床掃除をするように心がけています。
朝床掃除をする習慣はそのままとして、早めに夜にやるのもOKとしています。
すると、明日の朝時間をとるために、夜に床掃除をやっておこう!と思い、すんなり床掃除のために動くことができるようになりました!
以前は、全く動けなかったのに、今では、そろそろやるか、と気軽に動くことができています。
たぶんですが、習慣づけしたことによって、床掃除を始めることに対する意志力の必要量が減ったのだと思います。
そのため、夜にわずかな意志力で、床掃除に取り掛かることができるようになったと思っています。
さらに、ブログを書きたいというモチベーションがあるので、明日のために今やろう!というのも、夜に床掃除する習慣を後押ししてくれていると感じます。

現在の床掃除は、毎日のクイックルワイパーと週1のルンバ

現在の床掃除ですが、毎日のクイックルワイパーと週1のルンバに落ち着きました。
毎日のクイックルワイパーが私、週1のルンバは夫がしてくれています。
毎日ルンバできないかと考えたこともありましたが、我が家には猫がおり、お気に入りのオモチャが「紐」です。
そのため、昼間にルンバを設定すると、猫のオモチャを置いておけません。
帰って来てからルンバとなると、その時間ルンバを気にしないといけなくなるというのがあり、結局毎日はクイックルワイパーがいいと落ち着きました。
私も夫も、それぞれできることをやっているので、お互いに負担になることなく、良い役割分担に落ち着いたと感じています。

最後に

これまで何度もトライしては失敗していた床掃除が、自分の希望の時間に取り組めるようになりとても嬉しいです!
習慣化するなら、朝イチ。
習慣化に成功したら、やりたい時間に変更する。

今後もこれを意識しながら、良い習慣をたくさん身につけて、やりたいことをどんどんやって、心地よく過ごせる毎日にしていきたいと思います!

継続する技術

継続する技術

Daisuke Toda無料posted withアプリーチ

ズボラでもトイレ掃除の習慣化が成功した3個のコツ